2022年11月30日

疑問への回答

同じコーヒーなのに、毎回味が違う。
お湯の温度、粉の量、抽出時間、抽出量、すべて同じにしているのに、味が違う。
そんな疑問を持たれた事はないだろうか?

FullSizeRender

そんな疑問を持ちながら、何年も何年も努力をしている人はいないだろうか?
毎回同じにしないと自分の技術力のなさを感じ、罪悪感まで覚えてしまう人もいるらしい
世の中で売られているコーヒー本にも、「毎回同じに淹れる技術」なんて本もある
そんなことを書いている本人が、毎回同じに淹れられているのだろうか?
秤の上で抽出してお湯の量を測りながら抽出時間を整える
カッコいいと思っている者が多いが、私には滑稽にみえる
最近のコーヒーの世界には見栄えだけで、必要ないものが多すぎる

話がそれてしまったが
コーヒーは、生鮮食品
コーヒーは、生きている
厳密に言えば、焙煎後1秒ごとに味が変化する。
もちろん、焙煎中のコーヒー豆の味の変化は言うまでもないが
焙煎後も変化は止まらない
厳密に言えば、豆の量をしっかり測っても、グラインダーに残る微粉の量、シルバースキンの混合率、グラインダーのカット時の断面の誤差
ブレンドに至っては、メジャースプーン一杯ですくえた豆の品種の比率の違い
保存状況の温度や環境の変化などで味が変わってしまう。

「気」の世界で言えば
飲む時間、環境、一緒に飲む人で、美味しくも不味くもなる。

全く同じ味にすることが、どれだけ難しいか、いや不可能かがお分かりいただけると思う。
可能な限り同じ味に近づけると言う考えは賛成だが
いつも同じ味にする為の労力を使うのであれば、1週間毎にコーヒー豆を買いに行く努力をしたほうがよほど良いと思う

FullSizeRender

さあ!
コーヒー豆を買いに出かけましょう♪




compasscoffee at 19:47|PermalinkComments(0)コーヒーの闇 

2022年11月17日

発見しちゃいました

45年ぶりにサイフォンでコーヒーを淹れてみました
もちろん持っていないので新しく購入しました

IMG_2879

高温で淹れるサイフォンは、正直あまり良い印象がありませんでした
下のフラスコで沸騰させたお湯が、そのまま上のフラスコに上がり
ご丁寧にも、そのお湯と粉を掻き混ぜるという、コーヒーの抽出条件としては
最悪の抽出器具と認識しておりました

予め沸騰したお湯を下のフラスコに入れ
アルコールランプ近づけ短時間で上のフラスコへ
お湯と粉が馴染むように柄の長いもので掻き混ぜること数回
ランプを外し下のフラスコにコーヒーが落ちるのを待ちます
落ちる際に対流を起こすようにしてあげるのがコツ
これでサイフォンコーヒーの出来上がりです
実に簡単でしょう?!


IMG_2888


IMG_2887

淹れた後は、もっとふっくら山ができると成功なのですが
それは45年ぶり、お許しください (;^_^A

【改めて思ったこと】
コンパスコーヒーの豆を使うと、上のフラスコで煮詰める時間が少なくて済むので
舌に残る嫌な苦味やエグミが抑えられる

この豆にはこの時間で!と決めておけば、ペーパー抽出よりも簡単に同じ味が安定して出せる

誰でもコンパスコーヒーの豆の味を80%以上抽出可能


結果・・・
「ごめんなさい」素晴らしい抽出器具でした
自分が淹れるコーヒーの新たな味を発見できて
ワクワクが止まりません!
今度は5人用のサイフォンを購入してみます。


Kobayashi

compasscoffee at 19:11|PermalinkComments(0)

2022年11月15日

大きな声では言えませんが・・・

この記事は業界関係者閲覧禁止

最近ブログの閲覧者が増えてきているようで
素直に嬉しく思います
お時間を使っていただき、ありがとうございます

コンパスコーヒーは17年目を迎えましたが
毎年少しずつ進歩、変化をし続けております
このところ、来年に向けて動いていることは
これです↓

トップシークレット

これぞまさしく「究極の焙煎機」計画
私がやりたかったことが実現しました
PRO仕様のため使いこなすには経験と技術がいりますが
これを持っていれば世界トップクラスの焙煎が可能になります
これがなんと購入可能になります
これから焙煎豆屋さんをお考えの人は、もうしばらくお待ちください

これを購入すればコンパスコーヒーと同じ味ができる!
ごめんなさいm(__)m
近づくことはできますが、同じにはなりません。
それは何故かというと
この焙煎機はブラックホール並みの奥深い可能性を秘めていて
私が日々美味しく変化させていくからです
完成前ですが、すでに現在の焙煎機を使って準備に入っています
コンパスコーヒーの味を信じ愉しんでいらっしゃる皆様に
まずは、「究極の浅煎り焙煎珈琲豆」をご提供します
コーヒーの酸味は嫌いという方も、楽しみにお待ちください

今回はこのくらいで終了にします

Kobayashi


compasscoffee at 15:17|PermalinkComments(0)