2022年10月22日

インヒューズドコーヒー(ウイスキー)

IMG_2668
生豆をウイスキーに漬けているところ


このようにウイスキーを大量に使いインヒューズドコーヒーが作られる
言うなれば、私の我がままコーヒー豆
採算が取れているのか?
なんて聞かれるが
私の頭の中にコーヒーで大儲けしようなんていう考えがなく
この香りに酔ってもらえれば、それでいい
商売ベースで考えたら100g→¥3000を超えてしまう
これが100g→¥1860で買えるのだから、どんぶり勘定もいいところ
一杯当たり¥230になる
浅煎りではスコッチウイスキーのような風味が楽しめ
⑥フレンチローストにするとバーボンのような香り、味わいが楽しめる
少し冷めたくらいに氷を入れて飲むと
アイスコーヒーともウイスキーのロックとも違う
なんともいえない不思議な空間が口の中に広がる
ここだけの話、店舗によってブレンドされているウイスキーが違う!
これも私の「我がまま」お許しいただきたい。

インフューズドコーヒー (スコッチウィスキー) (compass-coffee.com)

2022年10月16日

来年の話ですが・・・


来年のリオヴェルデ、エリア指定の豆が決まりました
今回も、そのエリア全てコンパスコーヒーが買い占めましたので他では買えませんよ!
マップのどこかに23年度の文字があります
探してみてください


2d0f3fa4


この農園はイパネマ農園と言って山手線の内側位の大きさがあります
あまりにも広大で想像がつきませんが
リオヴェルデ地区は、その一部になります
ブラジルでも最大級の農園になります
50年の歴史を持ち、自然や人への影響を最小限に抑えて持続可能な運営を行なっています
農園内に総面積の約2割の自然保護区を設けたり、湧水が出ている箇所を保護するため周りに在来種の植物を植えるなどして環境保護に取り組んでいます
そのためレインフォレストアライアンスの認証農園になっています





compasscoffee at 18:01|PermalinkComments(0)ブラジル 

キンモクセイ(金木犀)級の香り


『エチオピア イルガチェフェ チェルベサ』

この豆の煎り上がりの香りは半端じゃないIMG_2630
IMG_2629
どの焙煎度合いにしてもアプリコットの香りからは逃れられない
この豆を挽いて持ち帰るお客さんは実にもったいない気がする
そんな場合は粉にした後、0.5秒でも早く袋を閉じられるように努力しているが、粉にした後「ご馳走さま」とついつい言ってしまう

この豆の香りと味わいに惚れ込んでしまった私は、スタッフに驚かれるほどたくさん買い込んでしまった
だが、まったく後悔はしていない
新豆が来てしまったら私の宝物として、この豆と長年付き合っていけるのだから
本当にいい豆と出会った

【焙煎度合いの紹介】

酸味好きには、ぜひ2番ローストを試してもらいたい
酸味と甘みとアプリコットジャムのような強い香りが広がる

酸味が嫌いな方は、いつもの5番もいいが、アプリコットをチョコで包んだような甘い香りの6番ローストもお薦めしたい
温度が下がった頃の甘みと香りには、ため息が出るほど

また、いつものブレンドに、このチェルベサを混ぜると、2ランク位上のブレンドに仕上がるから驚くことだろう

compasscoffee at 13:51|PermalinkComments(0)エチオピア