インヒューズドコーヒー

2022年11月11日

とめどなく・・・

少し期間が開いてしまいました
新しい豆が続々と入ってきています!
お楽しみに

さて、次のインヒューズドコーヒーが出来上がりました
九品仏店と鵜の木店はジャマイカ産のラム酒がブレンドされた
香り豊かなインヒューズドコーヒーに仕上がっております
ラム酒に必要なサトウキビは1494年にクリストファー・コロンブスにより
カナリア諸島からジャマイカに持ち込まれました。
その後1655年にイギリスがジャマイカを支配するようになると
イギリスはバルバドスからラム造りや、蒸留の知識を持ち帰り
ジャマイカにおいて、このプロセスを洗練して貿易を拡大していきました。
今回はアプルトン社製のラム酒を使いました
アプルトンは自社でサトウキビの栽培から瓶詰めまで行っている
ジャマイカで一番古く最大のラムメーカーです。

ラム


そして旗の台店は
私の大好きなベンリアック21年をブレンド
FullSizeRender

ベンリアック蒸留所の長期熟成シングルモルト・ウイスキー
バーボンバレル、ヴァージンオーク、シェリーカスク、赤ワインの4種類の樽で作った
原種をブレンドして作ったウイスキーです。
甘く豊潤で優しい苦味をもち、ウイスキーの奥深さを感じます。
そんなウイスキーをコーヒー豆に合うように贅沢にブレンドして
漬け込みます。


ブログを見ていただいている人だけに、教えちゃいます!
今年のクリスマスブレンドは、このベンリアックのインヒューズドコーヒーを
惜しみなく使い、ケーキにも、食事の後のまったり時間にも合うように仕上げます。

Kobayashi




compasscoffee at 20:06|PermalinkComments(0)

2022年10月22日

インヒューズドコーヒー(ウイスキー)

IMG_2668
生豆をウイスキーに漬けているところ


このようにウイスキーを大量に使いインヒューズドコーヒーが作られる
言うなれば、私の我がままコーヒー豆
採算が取れているのか?
なんて聞かれるが
私の頭の中にコーヒーで大儲けしようなんていう考えがなく
この香りに酔ってもらえれば、それでいい
商売ベースで考えたら100g→¥3000を超えてしまう
これが100g→¥1860で買えるのだから、どんぶり勘定もいいところ
一杯当たり¥230になる
浅煎りではスコッチウイスキーのような風味が楽しめ
⑥フレンチローストにするとバーボンのような香り、味わいが楽しめる
少し冷めたくらいに氷を入れて飲むと
アイスコーヒーともウイスキーのロックとも違う
なんともいえない不思議な空間が口の中に広がる
ここだけの話、店舗によってブレンドされているウイスキーが違う!
これも私の「我がまま」お許しいただきたい。

インフューズドコーヒー (スコッチウィスキー) (compass-coffee.com)

compasscoffee at 17:49|PermalinkComments(0)